岩と山ときどき氷 by つるぎ

クライミング(岩とアイス)、登山、それにまつわる旅の記録。そして日々のつぶやきです。

摩耗・・・

2014年に購入したミウラー。

f:id:gomtbytsurugi:20180922113002j:image

とうとう穴が開いてしまいました。

履くのはほとんど岩場だけ。

ジム用と使い分けてました。

ここまで他の靴履き潰したことない。

かなりもったけど、

f:id:gomtbytsurugi:20180922113313j:image

もう片方も摩耗し、剥がれてきた。

近いところで城ヶ崎、小川山、湯川辺り。

マルチで、サミットリッジ、比叡山

遠くはドロミティまで、私を支えてくれました。

そろそろマズイと思ってたけど、最近のマルチピッチで、とうとうこんな状態に。

ライミングのスキルはちっとも上がってないけれど、ここまで楽しめているのは、君の性能のお陰です。

Thank you very much!

安心

城山でのマルチピッチから戻ると・・・

足の裏、指の付け根が痛い。

どこにもぶつけてないし転んでないし不安だ。

いつもより緩めのシューズがいけなかった?

ネットで調べると足底筋膜炎ではなさそう。

中足骨骨頭部痛?

足のアーチに問題があるとなるらしい。

取りあえず数日様子見。

時間経過と共に痛みは治まってきた。

でも万一足の骨に異常があったらマズイ。

反対の足の捻挫もよくなって、横断歩道ダッシュも出来るようになったから。

リード講習に行きたかったけど、夜仕事の後病院へ。

レントゲンは異常なし。

ライミングの後にペッタンコのサンダルを履いたのが、ダメだったらしい。

「平らなサンダルやブーツを履くとなる人が多いです。それに足裏の指の付け根は、神経が集中してるから痛くなりやすいんです」と医師。

f:id:gomtbytsurugi:20180920225643j:image

「靴を履くときはこれ付けて!」とインソールを渡されました。

シューズのサイズや形状って大事なんだな。前にも靴下の厚みの違いで、足が痛くなったこともあったし。疲労骨折でなくて良かった。

まずは、ひと安心。クライミング続けられる!

城山でマルチ〜!

山に行かない連休。

何となく気が抜けちゃうと思っていたらお誘いが!

向かったのは城山。5ヶ月ぶり。

冬場の岩場っていうのは百も承知ですが、「少し涼しくなったから平気かな?」と思って行ったら、樹林帯は宮崎よりも蒸し暑い。

取り付きは前日雨が降ったのか?

ところどころ濡れてる。

(以下写真右側)

f:id:gomtbytsurugi:20180917210002j:image

となりのパーティが、恐る恐る登ってました。

さてこの日のお題は、バトルランナー

マルチピッチです。

アップでシングルピッチを1本登ってから、10:20頃登攀開始。通常4ピッチだけど、2ピッチ目のハングの手前でピッチ切ってもらい、5ピッチに。

核心のハング越えは甘いホールドしかないし、高度感あるしシビレました。

時々吹く風で涼を取り、暑さを一瞬だけ忘れましたが、コンディション的にはシンドかった。

12:40頃には懸垂下降して全て終了。

靴を脱いだら、即ポカリスエットがぶ飲みでした。

それからシングルピッチを2本登ってこの日は終わり。

4両編成の可愛い電車で三島までもどり、

f:id:gomtbytsurugi:20180917221229j:image

新幹線で都内に戻ると、土砂降りの雨。

城山でふられなくてよかった。

幸せのおすそ分け!

大好きなあの山に登ろうと思っていたこの連休。

でもクライミング仲間の結婚祝いで下界に。

f:id:gomtbytsurugi:20180916094853j:image

集まったのは、クライミングを始めた頃のジム仲間。

今はみんな別々のジムに通って、ボルダーやったりリードやったり、外に通いつめたり、家庭や仕事の都合であまりクライミング出来なかったりと、その状況はバラバラ。共通してるのは、クライミングのことになると、話が尽きない。案の定盛り上がって遅くまで飲んじゃいました。

お祝いという名の同窓会。

幸せと元気を仲間からもらったひと時でした!

末永くお幸せに〜!

クライミング集中期間?

8月中旬から気づけばクライミングばっかり!

  1. 小川山で2日間練習
  2. サミットリッジでマルチ
  3. リード講習が週1回 × 3回
  4. リードの自主練1回
  5. いつも行ってるジムでボルダー1回
  6. 湯河原でリード1回
  7. 比叡山でマルチ2日間
  8. 雨だから延岡のジムでボルダー2回

こんなに集中してる期間は、今までなかったかも。

相変わらず下手くそだけど、マルチの効果か、その高度感にさらされたせいか、

f:id:gomtbytsurugi:20180915121610j:image

リードの時の恐怖感が若干薄れたのと、フリーだと荷物ないから楽だなあって思えるようになった。

これって何かしら改善かな?ある意味進歩かも。

避難小屋といえば・・・

予約していた本が昨日届きました!

f:id:gomtbytsurugi:20180911203858j:image

避難小屋は泊まったことないけど、この連載はいつも楽しみだったので購入!「今度どこに行こうか?」と考える脳内登山シミュレーションのおともにピッタリ。

避難小屋と言えば、思い出すのが昨年登った鉾ヶ岳。

島道鉱泉からワイルドな道を登って行くと、

f:id:gomtbytsurugi:20180911204042j:image

山頂に避難小屋(写真)がありました。

帰ってきてから「山と渓谷」を読んだら、何とその小屋が載っていて驚いた記憶が。オマケに私が行った時期と1週間位しか違わない。

私が歩いた時は、島道鉱泉には入らず、下山後代わりにカニ食べに親不知に行ったなあ。

あの時は、金冠を通る溝尾コースを下山時に歩く予定だったけど時間の関係で行けず。面白い岩をめぐる柵口コースも、残念ながら歩いてない。

また訪れる機会あるかな?もしあれば今度は島道鉱泉にもよりたいな。