岩と山ときどき氷 by つるぎ

クライミング(岩とアイス)、登山、それにまつわる旅の記録。そして日々のつぶやきです。

点検@塔ノ岳

今週から仕事初め。

ジムでのクライミングもスタート。

理学療法士さんにリハビリ指導を受けると、

「偶発的なのは仕方ないけど、ジャンプからの着地と走るのはもう少し待って」と言われる。

でも雪山とアイスクライミングに近々復帰予定。いきなり雪山っていうのもヨロシクないので、「朝起きれたら、どこか山行こう!」と中途半端なパッキングしてから金曜日夜ベッドに入る。

翌朝起きたら6:45!

山に行くには寝坊だけど、「電車の中でどこ行くか決めて連絡する」と言い家を出た。

頭にあるのは箱根か丹沢。

だから時短の為新幹線で小田原へ。バス接続の関係で「塔ノ岳(大倉尾根)」に決定!なんとか大倉に着いたのは9:33!

f:id:gomtbytsurugi:20180113211658j:image

ガラガラ。この冬一番の冷え込みだから?

足の状態みながら標高差1,200mに挑む。

これがダメならアイゼン付けて雪山はムリ。

着込んできたダウンをしまったり、登山届出したりしてから歩き出す。時刻は9:50!

f:id:gomtbytsurugi:20180113213553j:image

黄色い大倉尾根の標識No.0〜45までの長い歩きがスタート。

寒いかと思ってフリース着てたけど、直ぐに暑くなり衣服調整。それ以降脇目もふらず歩き、10:29には雑事場ノ平通過。

登山道沿いには霜柱が沢山。

f:id:gomtbytsurugi:20180113214009j:image

こんな立派なの下界で見たことない。

11:18堀山の家通過。

f:id:gomtbytsurugi:20180113214353j:image

この先は急登とか階段とかますます増える。

「おしるこ」の旗が気になる花立山荘を12:00通過。

f:id:gomtbytsurugi:20180113214917j:image

ここで暑いのでペットボトルのポカリを補給。寒いからハイドレーション持ってこなかったから。元々ワンピッチで山頂に立つつもりなので、潤ったら即移動。

塔ノ岳山頂が見えてきました。

f:id:gomtbytsurugi:20180113215607j:image

12:16に金冷シの分岐を過ぎ、最後の階段を上がり、 

12:34塔ノ岳山頂到着!(標高1,491m)

f:id:gomtbytsurugi:20180113215903j:image

登りのタイムは2時間44分。

地図の標準タイムが3時間30分だから、まあ捻挫から復帰した初回にしては上出来かな。

ここでようやくオニギリを頬張る。

いい天気なので、富士山はもちろん 

f:id:gomtbytsurugi:20180113220340j:image

真鶴半島、伊豆半島などが見えました。

f:id:gomtbytsurugi:20180113220415j:image

空にはパラグライダーも飛んでました。

f:id:gomtbytsurugi:20180113220648j:image

素晴らしい天気と景色。

でも山頂は無風だけどやはり寒い。

テルモスのお湯をすする。

13:02下山開始。下りの方が足の負担もあるので、注意しながら歩く。やっぱりまだ100%の力を出せない。

それでも15時には大倉のバス停に到着。

2時間でおりてきちゃいました。(標準は2時間20分)目標は往復4時間なんだけど、怪我をした後の第一弾のパフォーマンスとしてはいいかな。大体コースタイムの8割の時間で歩いてるし。

★振り返り

里山の次に大倉尾根ってどうよ?」と思いましたが、何度も歩いているから不安もないし、体調管理・点検のバロメーターとしては、やはり選択して良かったかと。