岩と山ときどき氷 by つるぎ

クライミング(岩とアイス)、登山、それにまつわる旅の記録。そして日々のつぶやきです。

リハビリ雪山(赤岳)

せっかく八ヶ岳まできて、アイスクライミングの練習だけというのはもったいないので、雪山にも登りました。というか気持ち的には登山メインで実は鉱泉入りしてました。

目指したのは赤岳(2,899.2m)!

何度か無雪期に登ってるけど実は冬は初めて。

この前塔ノ岳に登ったのは、その前哨戦でした。

7:40頃赤岳鉱泉を出発。

8:15頃行者小屋。

ここで再度身支度を整え8:30頃出発。

文三郎尾根は無雪期は階段が多くて嫌だけど、それに雪がつくとどうなるか?

想像通りでしたがやはり長い。

一般道だけど雪に慣れてないと危ない。

チョコチョコ短い休みを入れつつ進む。

歩いていると昨年3月に登った阿弥陀岳北陵がよく見えました。

f:id:gomtbytsurugi:20180121161348j:image

山頂直下の登りは岩場。

意外と雪がなくて、雪と岩のミックス。

これがちょっと足首にくる。

注意深く登って・・・

10:35赤岳登頂!

f:id:gomtbytsurugi:20180121161930j:image

快晴なので絶好の眺め。

f:id:gomtbytsurugi:20180121162142j:image

富士山。

f:id:gomtbytsurugi:20180121162223j:image

北八ヶ岳方面。その向こうに北アルプス

頑張って良かったと思う。

でも私にとっての核心は下り。

地蔵の頭を目指す。

雪が本当に少なくて、岩と氷ミックススペシャルに手こずる。痛くないけど。まだ変な足首。

11:17地蔵の頭。

f:id:gomtbytsurugi:20180121163145j:image

最後の難所「地蔵尾根」!

何せ夏道でも急。下り始めるとやはりまだ足首の不安定さを感じる。

ヒヤヒヤしながら下り切り・・・

12:35赤岳鉱泉へ無事帰還。

ホッとする。

★振り返り

昭文社の地図のタイムだと休憩なしの無雪期で、「登りが2:35。下りが2:20。」だから、トータルでみると、4:55で休憩込みで歩けたから上出来かな?一緒に歩いて頂いた強力な助っ人のお陰ですね。(一人で行けません)

疲れたからどうしようかと思いましたが、この後お昼食べてから、アイスキャンディを6本登っちゃいました。