岩と山ときどき氷 by つるぎ

クライミング(岩とアイス)、登山、それにまつわる旅の記録。そして日々のつぶやきです。

八ヶ岳南下(リハビリ Day 2)

5:45目覚ましがなくても、人の声で目が覚めた。

山小屋ではいつものこと!

卵かけご飯をかきこみ、身支度して6:45出発!

この日はひたすら八ヶ岳を南下です。

4年前には・・・

f:id:gomtbytsurugi:20180401164146j:image

全然見えなかった天狗岳(東と西)がはっきりと見えます。これだけで嬉しい。

7:43に東天狗着。

f:id:gomtbytsurugi:20180401164535j:image

ここから更に南へ。

f:id:gomtbytsurugi:20180401164628j:image

花粉が飛んでるのか、前日よりも空が霞んで遠くが見えません。今回の山行は私以外は全員花粉症。辛そう。

次の根石岳を目指し山頂から下山開始。

切れている東壁側に注意しようと視線を向けたら、何とダブル・アックスで登ってくる人が!

ここ登って来る人珍しいらしい。

根石岳には、40分後に到着。

f:id:gomtbytsurugi:20180401164828j:image

ここは標高2,603m。

進行方向には、根石岳山荘。その奥に左から順に、硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳が。

f:id:gomtbytsurugi:20180401165053j:image

それにしても雪ないです。

樹林帯を抜けると夏沢峠(標高2,430m)。

f:id:gomtbytsurugi:20180401165128j:image

小屋があるけど、当然今は閉まってる。

f:id:gomtbytsurugi:20180401165150j:image

夏沢峠を東に下ると本邦第二の高所温泉がある。一度も東側から八ヶ岳登ったことないから、行ってみたい。

まだまだ私にとって未知の場所が、八ヶ岳には多い。

さてここから硫黄岳までは登り。

なので長めの休憩取ってから出発!

歩き始めるとやっぱり長い。

ワンピッチでは山頂に行けず、一回休憩が入る。

その先はケルンを数えながら黙々と歩く。

4月からまた登る山のハードルを上げて行くので、へこたれる訳には行きません。

10:15に硫黄岳山頂到着!人生4回目。

f:id:gomtbytsurugi:20180401212018j:image

実はまだこの先の稜線歩く予定だったけど、

f:id:gomtbytsurugi:20180401212001j:image

時間が微妙。なので鉱泉に下りることに決定!

f:id:gomtbytsurugi:20180401212107j:image

11:30には赤岳鉱泉に。

凍った道をチェーンアイゼン装着で、帰路に着きました。

★あとがき

まだまだ足首の状態が、不完全で不安定。

歩くのが遅く、痛みがある。

ただ使わなければ、回復が遅れる。だからやはり歩き込みが不可欠。

早く以前の絶好調の状態に戻りますように。