岩と山ときどき氷 by つるぎ

クライミング(岩とアイス)、登山、それにまつわる旅の記録。そして日々のつぶやきです。

やっぱり岩!

9月最初の活動は、やはりクライミング

8月下旬からリードの講習会への参加を復活させ、2度のレッスン、1度の自主練を経て、

約1年ぶりに外でのリード。

日本全国どこへ行っても変な天気でしたが、湯河原だけは天気が奇跡的に持ちました~。

湯河原と言えば、晩秋から冬にかけての岩場というイメージで、クライマーはいないと思っていたら。 意外といる!

桃源郷茅ヶ崎ロックで、まずはアップ!

コスモポリタン(5.9)

登る前に5.9位かな?と思ったら正解!段々グレードの感覚がわかってきた?

ノーストレスで即完了!

次は、その横のダイヤモンド・ヒップ(5.11a)。

いつもそうだけど「これやってみたら?」とすすめられる時には、特にグレードも課題名も告げられない。

「これはさっきのと違うからとりあえずトップロープで」ということでやってみたけど、2ピン目からヒールかけて上がるのがうまくいかない。

2回やってギブアップ。ボルダーっぽくなるとダメだ。面白い課題なんだけどな。

気分を変えてアリババの岩場へ移動。

3つ目は、アリババ(5.10b)!

f:id:gomtbytsurugi:20180902132715j:image

これは落としたいところでしたが、3ピン目をクリップして、最後のリップを取って移動を始めたら落ちちゃった。あと少しだったのに!

もう1回トライしたけど、3ピン目の手前のガバ取ろうとしたら落ちておしまい。残念無念。

最後は、アニー(5.10c)へ。

「アリババとも種類が異なるし、途中で降りてもいいからマスターでやってみたら?」とおすすめでしたが、3ピン目にクイックドローとロープをかけた時点で、天気が怪しくなってきたので、そこで終わりに。

久しぶりの外でのリードは、まだまだ未熟さを感じたけれど、楽しかった。

また秋か冬に登れなかった課題やりたいな。